キャピシキル

キャピシキルではなくキャピキシル 含まれてる成分の効果をチェック

 

 

キャピシキルではなくキャピキシル 含まれてる成分の効果をチェック 

 

 

 

キャピシキルとキャピキシル紛らわしい名称ですよね。

 

最初キャピシキルで調べてたところ実際の名称はキャピキシルだと言う事を知りました。。

 

 

 

ちなみになぜ今このキャピキシルが流行ってるかというと、ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われてるからですよね。本当にそんな効果があるのか疑問は残りますが、カナダで開発され効果は実証されてます。

 

 

ちなみにキャピキシルを構成してる成分はアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスの2つでそれぞれの役割は以下の通り。

 

 

 

アカツメクサ花エキス・・・AGAの原因であるジヒドロテストステロンを生成する酵素5αリダクターゼを抑制する働きがある

 

アセチルテトラペプチド-3・・・名称に3と書いてあるが4つのアミノ酸で構成されてる。毛包の構造維持に働きかける。※毛包とは毛根を包む組織のこと

 

 

 

 

ミノキシジルと合わせて飲んだ方がいいと言われてるのがフィナステリドですが、そのフィナステリドの役割である、5αリダクターゼを抑制する働きキャピキシルが持っているのはポイントですね。

 

 

ミノキシジル単体の場合は、この5αリダクターゼの抑制機能はありません。
ミノキシジルは血管の拡張そして毛乳頭細胞と毛母細胞の活性化の役割を持った成分です。

 

 

それに毛包は毛を支える根っこの部分を支える役割を持ってます。

 

また皮脂腺を出すのもこの毛包です。皮脂腺がなければ頭皮はガサガサに水分を失いガサガサになってしまいますから髪に良くありません。

 

 

最近ではIPS細胞が研究者の間で話題になってますが、一部の毛包をIPS細胞で再生出来たとも言われてます。ただ完全なものではなく、完全に再生できるようになるまでは時間がかかると言われてます。

 

もし、このIPS細胞で毛包を再生することが出来るようになれば、キャピキシルとの併用で再生から毛包の維持までできて薄毛になっても劇的に回復させることが可能になるかもしれません。

 

 

現時点ではそれは実現してませんが、キャピキシルが含まれたスカルプエッセンスの中でも抜け毛が改善された、発毛したという声も上がってきていますし、このキャピキシルを構成する2つの成分の力はミノキシジル以上の効果があるというのはウソでない可能性は高いです。

 

 

ちなみに当サイトでも紹介してますザスカルプ5.0cはキャピキシルが含まれてるものの中で現時点では高い効果があると言われてます。

 

 

 

オススメ記事

 

キャピキシルが含まれた育毛剤ランキング!